胸を大きくするために本当に色々と試したものです

私、昔から胸が小さいのがコンプレックスでした。どうやったら大きくなるのか日々研究していましたし、テレビや雑誌で胸を大きくするにはなんて特集がやってる時には目を皿のようにして見ていましたね。

そんな私が実践した方法ですが、思い出すだけで恥ずかしくなってしまいますね。まずは王道の牛乳をたくさん飲むという方法です。これって古典的ですが、かなり浸透している方法ですよね。私も中学校から高校時代にかけて、それはそれはたくさんの牛乳を飲みましたよ。それこそバスケ部やバレー部の部員くらいには。でも全く効果はありませんでした。むしろ身長が伸びてしまいまして、心の中では「そっちを成長させたいんじゃないの!」なんて叫んでいましたっけ。

それからブラジャーを付けないなんて方法も試しましたね。ブラジャーによって胸を圧迫すると、成育に良くないなんて記事を見かけましてそれならばと。でもこれも効果なし。というか、思春期の女子にとってノーブラでの外出はありえませんからね。数日ですぐに断念した記憶があります。
それから運動を控えめにするということですよね。胸の脂肪分が筋肉になってしまうなんて見かけたものですから、そりゃ大変だなんて陸上部の部活を控えめにしていました。もっとも、顧問の先生に喝を入れられてこれまたすぐに断念をしましたけどね。

最後に思い出されるのが、キャベツをひたすら食べるというものです。これ、女性タレントが実際に行なって効果があったそうなのですが、それを見て私も一念発起。母に頼んで毎食キャベツの千切りを食していました。その結果、何にも効果はありませんでしたよ。

結局、胸を大きくするには豊胸手術が一番手っ取り早いのかななんて大人になった今ならそう思います。
そもそも最近では、あれだけ悩んでいたコンプレックスも全く感じなくなりましたからね。自分はこういうものなんだなんて受け入れることが出来ましたので、まぁそれが大人になったということなのかななんて思います。あんなに胸を大きくするにはどうすればいいのかなんて、悩んでいたのが嘘のようですね。