大人になってバストを一回り大きくする2つの方法

女性の胸は一般的に中学生、高校生ぐらいの第二次性徴期になると発達すると言われています。しかし人によっては、この時期に胸があまり大きくならず悩んでしまうものです。もともと生まれつき女性ホルモンが少なく、胸が小さくなってしまったという人もいれば、この大事な時期に偏食・ダイエットをしすぎて痩身になった代わりに胸は大きくならなかったという女性もいます。

いずれにしても気になるのは、胸が大きくなる方法ではないでしょうか。特に胸のカップサイズがA、Bのような女性は胸が小さいことをコンプレックスに感じていて、胸が大きくなる方法を知りたいと思う傾向が強いようです。胸が大きくなる方法にはいくつかありますが、一番簡単な方法はマッサージだと言われています。マッサージと言っても乳房をダイレクトに揉みしだくのではありません。そのようなことをしても労力ばかりかかっって、効果は少ないと言えるでしょう。

大事なのは乳房周辺にあるリンパ・血管を刺激することです。それには乳房周辺のリンパや血液の流れを知ることが大切です。具体的には乳房の内側と外側から直線的に真上に向かって指をなぞらせるようにして、軽くマッサージをすると良いのです。このマッサージをすることによって、血管。リンパの流れがスムーズになり、乳房に栄養素が送り届けられ、乳房から老廃物を排出することができるようになります。

最初はマッサージも面倒ですし大変ですが、慣れれば無意識でもできるようになってきます。入浴をする際は時間に余裕があるでしょうから、この時に丁寧に胸をマッサージしてあげましょう。次に良い胸が大きくなる方法は食べ物を変えることです。特に女性ホルモンを増やしてくれる食品群を摂取することで、自分の体の女性ホルモンを増加させることができます。

女性ホルモンを増やしてくれるイチ押しの飲み物は豆乳です。あのAKB48で活躍していた前田敦子も、胸を大きくするために毎日豆乳を飲んでいたようです。その甲斐あってか、彼女は豊かな胸を持っています。人前に出ても恥ずかしくない大きさの胸になったのです。胸が大きくなるのは牛乳ではなく豆乳ですので、間違えないようにしましょう。